2007年05月03日

GW2007 小金井公園に行ってきた



本日の「ぶらり途中下車の旅」は「都内の公園へ行く旅」に変更となり、
都内屈指の大きさを誇る小金井公園に行くことに。
続きはこちらから。
posted by manoji at 01:39| Comment(6) | Daily Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
江戸東京たてもの園、おもしろそうですね。行ってみたいです!
鴨の写真がすごく奇麗に大きく撮れていますねー
鳥って思ったより小さく写って、難しいですよね。笑
Posted by KSQ at 2007年05月03日 04:51
>KSQさん

かなり遠いですが、きっと楽しいと思いますよー。建物のスケッチをしている人、
写真を撮っている人、ノート片手に勉強している人などなど
単なる観光ではない人たちもたくさんいました。
確かに鳥って眼で見るより小さくうつりますよね。鴨は近くに寄ってきたんで、そこをぱちり。
でも本当は亀をもっとアップで撮りたかったんですけどねー。
Posted by manoji at 2007年05月03日 19:44
おお、ダ・ヴィンチ展の代わりに行ったというのはここだったのか。
このチョイスは建築物好きの旦那様によるものかな?
都内にこんな場所があるんだー。まだまだ知らない場所が色々あるんだなぁ。
映画の撮影とかで使われそうな雰囲気だ。
建築ファンにはたまらないだろうな。
Posted by ヨシコタソ at 2007年05月03日 20:46
たてもの園は私が行ってみたいと思ったのだ。
「千と千尋」の湯屋の原案となった場所があると聞いたもんで。
実際、たてもの園の入口近くには宮崎駿監督とカオナシ(!)が
記念撮影している写真があったよ(笑)
「華麗なる一族」のロケにも使われたとか。
Posted by manoji at 2007年05月05日 01:16
おはようございます!
今日は気分も良く、まのじさんのビール片手のお写真まで一気に拝見しました。(笑)
ミクシィで小金井公園との表示を見つつ、今日まで楽しみに・・・

娘が小金井市にいるから、いつの日かママも行きたいなぁ・・・と、場所をググってみたら、何と近くにはパパの通った武蔵美もあるし、親友の家も・・・と、いうことはママは何度か近くを通ってるんですよね。知らなかった!(笑)
あのたてもの園、歴史の舞台となったものから庶民のものまで・・・しかも内部にあがれるのは良いですよね。ママはあの何気ない路地の様子が懐かしいです。
湯屋は実際、内湯が修理中などに近くのに通ったこともあり、幼かったからすごーーく広くて天井が高く富士山が大きく見えてた記憶があります。
ご主人様の女湯のぞきシーンを見て、あの仕切りは大人にはそんなに高くなかったのだと妙に納得しましたよ。(笑)

それにしても、どの写真もキッパリとして写真の見事なこと!
スやKSQさんの鴨写真を見て後でしたから、まのじさんの鴨写真に思わずニヤリ(笑)
モチ、藤棚のところのお2人のそれぞれのポーズもユーモア満載で楽しめましたよ。
国会議事堂の内部もまのじさんの写真が上手いせいか、日常使われ続けてるのに維持管理の見事さが感じられました。

たくさんのお写真、ありがとうございました。

Posted by もりママ at 2007年05月08日 09:27
>ママ

たくさん見ていただいて、ありがとうございます!

たてもの園は三鷹も近いし、もしかしたらママは行ったことあるかな? と思っていたところです。
お風呂屋さんは、自分ではまったく記憶はないんですが、小さい頃通っていたと両親に聞きました。私がいるとゆっくり入れないもんで、途中で番頭さんを経由して女湯と男湯を行き来したとか(笑) 貴重な体験をしていたようです!

国会議事堂は、ちょっと暗かったのと意外に狭かった印象はありましたが、そういわれれば確かにクラシックなのにとてもキレイでした。でもあんな立派な椅子には長いこと座ってたら疲れるだろうなぁ・・・という感じもしました。だから寝ちゃうんでしょうかね?!
Posted by manoji at 2007年05月08日 21:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。